プロフィール

ニックネーム一反百姓「じねん道」斎藤博嗣&裕子
自己紹介 ■連絡先:一反百姓「じねん道」(斎藤博嗣&裕子)●Mail(★を@に変え送信):jinendo2005★yahoo.co.jp ●Fax&Tel:029・889・0120(19:00まで)

●一反百姓「じねん道」
(A Quarter Acre Farmer – Jinendo)
●農的ワークライフバランス実践家
●T&T研究所研究員(鴨川自然王国内)

一反百姓「じねん道」
斎藤博嗣(ひろつぐ)&裕子(ゆうこ)です。

「じねん道」(Jinendo)が屋号。世界一小さな家族農業、一反百姓(A Quarter Acre Farmer)を営む。

私たち家族は「じねん道」(Jinendo)の屋号で、夫婦と子ども2人と共に家族4人、世界一小さな家族農業、一反百姓(イッタンビャクショウ A Quarter Acre Farmer)をしています。
2005年に東京から茨城の農村へ夫婦で移住し、新規就農して11年が経ちました。
「じねん道」は、小さな田畑山林に、手足を使って、種を蒔き、失われつつある地球環境を回復し、
次の世代に引き継ぐ「地球で生きるための農」=『緑の百姓哲学』を実践しています。

私たちにとっての「百姓」とは、換金農作物を作るだけの「農業」ではなく、生き方のベース(基盤)に‟農”を置く、
「農的」という視点を重視したマネジメント「農的ワークライフバランス」
(http://blog.goo.ne.jp/hootenfarmer)
を実現する職業・暮らし方です。

自然は無教育にして最大の教育者。
子育てと農的暮らしの両立は、私たち夫婦に親として生きる力を授けてくれます。
子どもたちは、自然の中で自分自身を育てる力を身につけます。
「三つ子の魂百まで」未来の世代の心と体の故郷「原風景」は自然の中にこそ委ねるべきだと思います。

現在、家族みんなで自家採種(不耕起、無肥料、無除草、無農薬を4原則とする「福岡正信・自然農法」)した種の販売を通して、「みんな一粒百姓にな~れ!Everyone be One Seed Farmer!」生きる自給率「1%Up」からはじめよう!!を展開中。

・編書『緑の哲学 農業革命論 ~自然農法 一反百姓のすすめ~』福岡正信著(春秋社、2013年発行)
・取材協力 こども農業雑誌『のらのら』No.17 2015年冬号(農山漁村文化協会、2015年11月発行)

◆一反百姓「じねん道」の【最新情報】
『農的ワーク・ライフ・バランス』日記
♪斎藤博嗣&裕子:夫婦子供2人・家庭自給生活を自学自習中
http://blog.goo.ne.jp/hootenfarmer
◆一反百姓「じねん道」の【販売ブログ】
『緑の哲学と一反百姓のすすめ☆みんな百姓にな~れ!』
http://jinendo.exblog.jp/
◆Everyday Greenpic『エブリデー・グリーンピック:毎日が緑の祭典*地球市民皆農運動』
http://greenpic-jinendo.seesaa.net/
◆「斎藤博嗣」の一反百姓に至る道
http://hs-michi.seesaa.net/
◆T&T研究所・研究員(鴨川自然王国内)
http://tti.chiba.jp/

○じねん道・斎藤博嗣(サイトウヒロツグ)
卒業後、ベンチャー企業に5年勤務し退職。2002年NGO主催の船で世界一周中にキューバで有機農業体験。2003年~キューバ・ハバナに単独で有機農業研修。農事組合法人鴨川自然王国(研修生)、鴨川フューチャーズクラブ(代表)、T&T研究所(研究員)、キューバ円卓会議(事務局)、2004年~NPO法人トージバ(スタッフ)、東京板橋・農的シティライフの会(代表)など、「農」を基軸に都市と農村の交流を通して「地球市民皆農運動」を展開。

○じねん道・斎藤裕子(サイトウユウコ)
1996年より自然農法の創始者・福岡正信アシスタントとして、愛媛県伊予市の自然農園の山に暮らし、2005年まで粘土団子による国内外の砂漠緑化などに取り組んだ。

All by  
A Quarter Acre Farmer – Jinendo
Hirotsugu Saito&Yuko
~Green Philosophy and Sowing Seeds,
The Natural Way of Farming~
一反百姓「じねん道」
斎藤博嗣&裕子
お住まい茨城県
職業その他

最近のアクティビティ

もっと見る